Skip to Content

留学とその先にあるキャリアのために

アメリカの大学院の基礎知識

アメリカの大学院の基礎知識

Closed

日本の大学院とはかなりの違いがある、アメリカの大学院についてどれくらいご存知でしょうか。留学を考えている人は、しっかりと調べておかないと違いに驚いたり、思わぬ失敗をしてしまったりするかもしれません。
今回はアメリカの大学院の基礎知識について紹介します。

入学試験はなし

日本の大学や大学院とは違い、入学希望者が一斉に受ける入学試験のようなものはありません。
大学院の合否を決めるのは主に書類選考です。
大学院側が指定している書類を不備なく集めて提出し、その書類の出来によって合否が決まります。出願には以下のような書類が必要になります。

  • 願書
  • 大学の成績表
  • TOEFLやGREなどの英語力を計る試験のスコア
  • エッセイ(自己紹介や大学院で何をしたいかを書いたもの)
  • 履歴書
  • (大学の教授などの)推薦状

大学院ごとに必要な書類に違いがあります。ちなみに、大学で専攻していたものと、大学院で研究したいものがまったく違っていても問題ありません。
アメリカの大学院では、個人の意欲や研究テーマがより重要視されます。

修士課程

修士課程には「修士課程を終えてから博士課程へと進むタイプ」、「博士課程の中に修士課程が組み込まれているタイプ」、「修士課程で終了するタイプ」があります。また、学術系大学院(graduate school)と、専門職系大学院(professional school)の二種類があるのも特徴です。社会に出て働きながら通う人も含めて、多くの人が大学院の修士課程には進学しています。

学術系大学院 graduate school

人文・社会学系や、理系全般が該当する大学院で、日本の大学院のイメージに近い大学院です。いわゆる研究職に就くような学生を育成する大学院で、大学院ごとに違いますが修了するには修士論文の提出や、口頭試問、筆記試験などを無事に通過することが必要になります。修了すると修士号が与えられます。

専門職系大学院 professional school

専門職系大学院は、日本の専門学校に近いイメージです。ジャンルは多岐に渡り、医学や法学、建築学、神学、福祉学といった専門知識を必要とする、専門職に就くための大学院です。医学などの特に高度な専門知識を必要とする分野を除けば、ほとんどが修士課程で修了します。職業のジャンルに関わらず、大学院を卒業して何らかの修士号をもっていれば給料が高くなる可能性があるので、キャリアアップ目的の人や、将来的に専門職に就きたいと考えている人が多く在籍しています。

博士課程

博士課程は修士課程よりも研究の自由度や難易度が上がり、専門性の高い内容に挑むことや研究のオリジナリティを突き詰めることが要求されます。修了するまでにとても時間がかかり、平均的には4~8年ですが、10年以上かかってしまう場合もあります。無事に修了すれば、博士号が授与されます。日本では博士号を取得した後は、大学や専門機関への就職が一般的ですが、アメリカの場合は博士号の分野にもよりますが、民間企業へ就職する人もたくさんいます。また、アメリカの大学院は博士課程向けの奨学金などの制度が充実しているため、学費が免除されたり、給料をもらいながら研究をしたりと、魅力的な制度がたくさんあります。

おわりに

今回はアメリカの大学院の基礎知識について紹介しました。
アメリカの大学院は日本の大学院とは様々な点で異なり、色々な人が通っているので研究だけなく、見識も広がります。
大学院留学はハードルが高いかもしれませんが、日本ではできない研究や体験ができるのでおすすめです。

The following two tabs change content below.
大学院留学のためのエトセトラ

大学院留学のためのエトセトラ

大学院留学への第一歩。海外の生活を含めた情報バックアップサイトです。在学中はどういったバイトを選べばいい?必要な手続きは?といったことにお答え致します。
大学院留学のためのエトセトラ

最新記事 by 大学院留学のためのエトセトラ (全て見る)

Previous
Next